不動産管理システムを選ぶにあたっての注目点

  • POINT1

    不動産業務に強いSEがいるか

    業界の知識を持つSEがいれば処理がスムーズ

  • POINT2

    自社でサーバー環境を持っているか

    24時間有人で管理するため問題への対処が早い

  • POINT3

    高いシステム開発力があるか

    利用する会社の規模に合わせた課題解決が可能

不動産業務の専門性が高いSEが在籍している会社なら、「システム開発はできても業界用語が通じない」ことで生じるさまざまトラブルを防げます。痒いところにも手が届く安心のサービスを受けられるのが利点でしょう。また、自社のサーバーを持っているかどうかも重要。24時間有人でサーバーを管理してくれる会社なら、例えば東日本大震災の時にあったような「バックアップがとれていないためにデータが消えてしまった…」という心配もありません。さらに、高いシステム開発力があれば、さまざまな規模の会社に対して課題解決の提案をすることができます。

不動産管理システムのおもな機能を紹介

ひとくちに不動産管理システムといっても、賃貸管理や営業支援など、その機能は多岐にわたります。このサイトでは、不動産管理システムが持つ主な機能について、それぞれ特徴をまとめました。機能ごとにおすすめソフトを3つずつピックアップしているので、導入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

おすすめの不動産管理ソフト一覧

サポート体制や機能の多さといった観点から、おすすめできる不動産管理システムを13製品ピックアップしてまとめました。ここでは、とくにイチオシの6製品を厳選し、それぞれの特徴を紹介しています。ぜひ不動産管理システムを選ぶ際の参考にしてください。

J-Solution(東計電算)

CHECK

SEの専門性と自社サーバーでフルサポート

不動産業界の専門性が高いSEがいること、自社サーバーを持っているため24時間有人でサーバー管理できることが強みです。各パッケージとの連携もでき、マンション企画・開発、販売・賃貸管理、マンション管理会計まで不動産業務をトータル的にサポートしてくれます。

J-Solution公式ページ

いえらぶCLOUD(いえらぶGROUP)

CHECK

クラウド上で間取りやチラシの作成ができる

多くの不動産会社から寄せられた声を反映させ、圧倒的な使いやすさと豊富なサービスを実現。使い方によって、不動産にかかわるすべての業務をフォローできます。また賃貸管理だけでなく、間取り図やチラシの作成などもクラウド上で行えるのが魅力の1つです。

いえらぶCLOUD公式ページ

革命シリーズ(日本情報クリエイト)

CHECK

PCに不慣れな人でも操作しやすい

不動産に特化したITサービスを提供し、すべての業務をサポートしてくれます。「ワンソース・マルチユース」をコンセプトに掲げ、会社経営において必要なデータを一元化し、効率的に活用してくれます。パソコンに不慣れな人でも操作しやすいインターフェイスが魅力です。

日本情報クリエイト公式ページ

クールクラウド(クーバル)

CHECK

他社が開発したシステムとの連動も可能

HP作成や物件管理運用、集客までを包括的にサポート。ポータルサイトへの登録が容易で、他社開発のシステムと連携が可能です。要件定義・仕様・UI・デザインなどそれぞれに担当部門とスペシャリストが在籍、各々が不動産知識を持ち合わせている組織体制が強みです。

クールクラウド公式ページ

i-SP/i-CM/i-DN(ビジュアルリサーチ)

CHECK

システムの導入から稼動まで対応

「賃貸管理システムi‐SP」は、20年以上のノウハウと1,000社を超えるユーザーの声を集約し、賃貸管理に必要な機能を装備しています。他にも「売買業務支援システムi-DN」などがあります。導入から稼働、活用まで徹底的に業務フロー改善のお手伝いをしてくれます。

ビジュアルリサーチ公式ページ

OBIC7(オービック)

CHECK

不動産業務に必要な基本機能を取り揃え

セキュリティ管理やワークフロー、共通マスター管理など、業務システムに求められる基本機能を情報上で一元管理。スピード稼働・効率化を推進するすべてのシステムをクラウドで導入できます。住宅の賃貸、売買だけでなく、オフィスビルや商業施設にも対応できます。

OBIC7公式ページ

不動産管理システム導入前のチェックポイント

不動産管理システムを導入する際に、ぜひ知っておきたいチェックポイントを紹介しています。システムを本格的に導入してから「失敗した…」とならないためにも、ぜひ導入前にチェックしておいてくださいね。

  • POINT1コスト

    不動産管理システムの導入を考える時、やはり気になるのがコスト。システムの導入にかかる初期費用の相場やランニングコストについて解説しています。

  • POINT2選び方

    自社サーバーを持っていることや不動産管理の専門性が高いSEがいることなど、システムに強い会社を選ぶメリットを解説しています。自社でシステム開発を行うリスクについてもまとめています。

  • POINT3導入事例

    実際に不動産管理システムを導入した企業の事例を紹介しています。導入したことにより、抱えていた課題がどのように解決されたのかが分かります。ぜひチェックしてみてください。

ページの先頭へ