HOME » 不動産管理システムとは?~おもな機能を紹介~ » 社宅代行

社宅代行

ここでは、数ある不動産管理システムの機能のうち、「社宅代行システム」について、くわしく解説をしていきます。とくにイチオシできる評判のソフトもピックアップして紹介しているので、社宅代行システムの導入を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね。

社宅代行システムとは…?

主に社宅代行業務を行っている会社の業務効率化を実現してくれるシステムです。クライアント企業がら委託をされた社宅管理にかかわる情報を、インターネットを経由して、リアルタイムで参照することが可能になります。

クライアント企業からの入退去申請や、それにかかわる斡旋状況管理、契約締結管理、また毎月の入出金業務などをサポートしてくれます。社宅代行業務会社の新しいサービスとして、クライアント企業の満足度に貢献できるシステムといえます。

おすすめソフト紹介

イチオシの社宅代行システムを1つピックアップしてみました。システムの特徴を簡単にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。運営会社や公式サイトも掲載しています。

J-Act【東計電算】

J-Act【東計電算】のHP画像

自社サーバーを持ち、24時間万全の有人管理ができる

契約前の入居申請受け付けから斡旋状況の管理、契約締結後の契約状況管理、また日々の入出管理まで、社宅代行会社の業務を一元的に管理できます。契約途中の賃料変更や家主変更、部屋移動といった条件を変更することも可能です(変更条件なども履歴で管理可能!)。

日々の請求入金支払い業務を通常どおり行うだけで、仕訳データを自動的に作成。外部科目変換機能も搭載しており、会社会計システムへのシステム連携も可能となっています。

また、科目を自由に設定して、科目ごとに費用負担を設定することが可能(会社負担、個人負担、給与天引き等)。契約の途中で契約台帳を修正することもできます。

さらに、運営会社の株式会社東計電算は自社サーバーを持っており、24時間有人管理してくれる点が魅力。不動産業務の専門性が高いSEがいるため、痒いところにも手が届くサポートを受けられます(東計電算は、不動産に限らずシステム開発・導入で実績がある会社です!)。

また直感で操作しやすいインターフェースもうれしいポイントです!

ページの先頭へ