HOME » 不動産管理システムとは?~おもな機能を紹介~ » 不動産管理システムの総合工事管理機能

不動産管理システムの総合工事管理機能

ここでは、不動産管理システムの機能のうち工事管理システムについて解説をしています。おすすめのソフトも紹介しているのでぜひチェック!

工事管理システムとは…?

不動産管理業務のうち、大規模修繕工事やリフォーム工事などの工事管理を行うためのシステムです。賃貸管理会社・マンション管理会社などが取り入れます。受付けや見積もり入力から経費入力、材料入力、注文書・請書、発注書・請書、査定・支払入力、工事進捗状況、工事管理簿等を管理できます。

また、月次処理や管理会計、債権管理・債務管理、購買・在庫管理といった機能も挙げられます(各製品によって、搭載されている機能はそれぞれ異なります)。社内と現場のシームレスな連携を実現してくれるシステムです。

おすすめソフト3選

以下に、おすすめできる工事管理システムを3つピックアップしてみました!それぞれ特徴を簡単にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

J‐Works【東計電算】

J‐Works【東計電算】のHP画像

不動産業務に強いSEだからできる幅広い対応が魅力

リフォーム工事や大規模修繕工事など、マンション管理会社・賃貸管理会社で対応する工事全般、設備管理や清掃業務等の委託業務を一元管理できる総合工事管理システム。見積作成や受発注処理といった基本機能のみならず、業者向けのポータルサイトとのシームレスな連携で、工事の受発注管理や作業予実管理、工事完了報告の電子化による現場業務の効率化を図れます。運営会社の東計電算は自社サーバーを持っており、24時間有人管理をしてくれるのが魅力(不動産に限らずシステム開発・導入で実績がある会社です)。不動産業務の専門性が高いSEがいるため痒いところにも手が届きます!直感で操作しやすいインターフェースも特徴です!

リフォーム名人【ダンゴネット】

リフォーム名人【ダンゴネット】のHP画像

工事関連業務をサポートするためのソフト

原状回復やリフォームといった工事受付から、見積書・請求書等の発行や支払いまでの工事関連業務を支援してくれるソフトです。工程管理一覧表、工事進捗一覧表、見積依頼書など、31種類の帳票によって工事管理業務をサポートしてくれます。

Usoliaマンション管理業システム【内田洋行ITソリューションズ】

Usoliaマンション管理業システム【内田洋行ITソリューション】のHP画像

マンション管理向けのトータルシステム

マンション管理会社向けのトータルシステム(総合パッケージ)。メニューや機能の制限・アクセスログ採取の各方面からセキュリティを強めており、個人情報保護を何よりも優先したい管理会社にとっては打って付けのソフトといえるでしょう。。組合会計とフロント業務を中心に、長期修繕計画を統合し、業界待望の物件別収支管理・担当者別収支管理まで網羅しています。

システム導入の利点

工事の費用・進捗をリアルタイムで確認できる

工事にかかる費用や進捗を常にどこからでも確認できるため、管理がスムーズになります。例えば、離れた地方の現場で資材に変更があった時、システムを通じて事務所でもすぐに確認できるといったイメージです。予算オーバーになる危険を防げるため、安心して工事を進めることができます。また、工期が長い現場だと予算そのものが変更になることもあるもの。予算の変更に伴って人件費や材料費などの見直しが必要になりますが、システムを使えば簡単に計算し直すことができます。

工事関連の資料を簡単に作れる

簡単な入力だけで工事の関連書類を作ることができます。

建物の工事を行うには、さまざまな書類が必要です。工事管理を紙で行っている現場からは、「記載しないといけないものが多すぎる」「紙そのものの管理に困っている」といった声をよく聞きます。

システムは決まった箇所に決まったことを入力するだけで自動的に書類が出来るので、業務の効率アップに繋がります。

選ぶポイント

変動にあった動きができるか

現場の状況は常に変わり続けるものです。その変動をタイムリーに反映できるかがシステムの良さを決めます。システムへの入力がやっかいだったり、さまざまな端末に入力しないといけなかったりすると、導入しても変動に対応し遅れてしまいます。それでは導入した意味がありません。入力しやすいシステムかどうかは、導入前に必ずチェックすべき点です。

導入事例

業務拡大に向けての体制整備につながった

業務拡大により、1人あたりの担当案件が増えてしまい、材料の発注や工事の進捗管理が煩雑になっていました。さらに、紙媒体による管理を基本としていたので改ざんも多発し、このまま続ければいつ大きな事故につながってもおかしくない状況に…。そこで、新しいシステムでは、業務拡大にあわせてカスタマイズできるか、一人ひとりの進捗を全体で見れるかを考えて導入しました。

システムを導入して1年ほど経ちますが、どの案件がどんな進捗かわかるようになっただけでなく、担当者が不在の時でも管理画面を見れば的確な対応ができるように。もちろん改ざんの心配もなくなりました。事業拡大に向けて、盤石の体制に整えられたと感謝しております。

ページの先頭へ