HOME » 不動産管理システムとは?~おもな機能を紹介~ » 賃貸物件管理・賃貸管理システム

賃貸物件管理・賃貸管理システム

このページでは、不動産管理システムの機能のうち「賃貸管理システム」について、くわしく解説をしていきます。おすすめのソフトもピックアップして紹介しているので、賃貸管理システムの導入を検討している人はぜひチェックしてください。

賃貸管理システムとは?

複雑で多岐にわたる不動産の賃貸管理業務をサポートするためのシステムです。不動産物件そのものの管理機能や、契約・更新・解約といった事務業務をサポートする機能。また工事関連の管理や支払・会計管理といった機能、さらにフロントの営業支援や、顧客からのクレーム管理機能などが搭載されているのが一般的です(各製品によって、搭載されている機能はそれぞれ異なります)。

不動産の賃貸管理に付随するさまざまな業務をサポートすることで、業務の効率化・内部統制の強化・経理の適正化を実現してくれるシステムといえるでしょう。

おすすめソフト3選

おすすめできる賃貸管理システムを3つピックアップしてみました。それぞれの特徴をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

J‐Rent【東計電算】

J‐Rent【東計電算】 

不動産業務に強いSEが問題に即対応!

自社サーバーを持っており、24時間有人管理してくれるので、問題に対して事前対処や早期解決が可能。さらに不動産業務の専門性が高いSEがいるため、痒い所にも手が届くサービスを提供してくれます。直感で操作しやすいインターフェース、不動産に限らず、システム開発・導入で実績があり。オーナーとの管理契約で詳細に科目情報の登録を行うことで、月次請求・支払いの仕訳処理が自動化されます。

賃貸革命【日本情報クリエイト】

日本情報クリエイト

賃貸管理に対応するトータルシステム

日々変化する賃貸管理形態に対応できるトータルシステム。物件管理・契約管理・家賃の請求・入金処理を一元管理し、情報処理のミスやロスを大幅に軽減します。ワンソース・マルチユースで、賃貸管理にかかるコストを削減可能。さまざまな業務形態に柔軟に対応できる機能も魅力です。さらに、1つのデータから200種類以上の帳票に連動できます。

いえらぶCLOUD【いえらぶGROUP】

いえらぶGROUP【いえらぶGROUP】 

クラウド上で間取り図やチラシの作成が可能

入居者、オーナー、入出金など入居後の管理まで一元化。選べる2つのプランがあり、どちらを選ぶかによって利用できる機能の種類が異なります(価格も異なる)。賃貸管理だけではなく、間取り図やチラシの作成といったことをクラウド上で行える点も魅力のひとつです。

滞納督促は迅速さが重用!賃貸管理システムで滞納対策を効率化

物件のオーナーにとっては、家賃収入は期日通り納められて当然のものです。しかし、現場で家賃管理をする管理会社にとってはそうでないことがあります。 家賃滞納が発生したら、問題の長期化や滞納の常習化を避けるため、できるだけ早く督促を行うことが重要です。

では、賃貸管理システムを採用することで、この家賃管理業務の軽減つまり「家賃を確実に回収する」「家賃滞納をなくす」ことは可能なのでしょうか?

クラウド型賃貸管理システム導入の利点とは

昨今では多くの金融機関がネットバンキングサービスを実施しています。ネットバンキングと連携させることで入金記録を自動的に取り込み、滞納を瞬時に発見可能なのが「クラウド型賃貸管理システム」です。

手作業での入力を自動化。ミスのない入金確認が可能

まずは家賃の入金先を、ネットバンキング対応の金融機関にすることが必要です。そして管理システムと連携させ、入出金の情報をリアルタイムに共有させます。従来、手作業で入力していた入金記録入力は完全に自動化されますし、月初時点での滞納者も一目瞭然です。

クラウドシステムの強みを生かすスピーディな対応

督促に必要なデータや督促状の出力もワンステップで可能です。従来割いていた多大の労力を節減でき、滞納督促をスピーディに行えます。また、ネットにつながる環境さえあればリアルタイムに社員全員で情報を共有することが可能です。滞納者への直接の督促を担当する社員も、行き違い等を未然に防ぐことができます。

賃貸管理システム未使用の現場の声は?

スピーディに滞納督促をするためには、できるだけ早い段階で滞納を見つけることが重要です。賃貸管理の現場の声はどうなっているのでしょうか?

ただでさえ入出金が多い月末に、家賃未納を発見するのは困難

月末月初には、管理物件の家賃入金だけでなく、従業員の給料、事務所の家賃、工事業者への支払い、広告料の支払いなど、さまざまな経費の支払いが生じます。家賃の入金記録だけを注視している訳にはいかないのが現実です。

エクセルなどを使用した目視での確認には限界がある

入金明細を確認しながらエクセルなどに手入力するのは非常に骨が折れます。ほとんど目視での確認となると、担当者の負担は凄まじいものになります。また、見落としや間違いも多くなるでしょう。

どの物件の誰からの入金か見極めが必要

入金管理の実務経験のある経理担当者を新しく採用した場合であってもぶつかる壁が「入金者の特定」です。

入金明細にある入金者の名前と入金額を見てすぐに物件名を見極めるのは、本当にその管理会社に慣れている担当者でないと難しく、骨の折れる作業です。

管理戸数が数百~数千にもなれば、それはもはや熟練の技ともいえるでしょう。しかも入居者や担当物件が入れ替われば、また一からの覚え直しが必要です。

多くの場合、家賃の入金もしくは引き落としは月末に行われます。誰でも時に「入金忘れ」や「残高用意忘れ」は生じるものですので、月初時点での滞納者の割合は全国で7%前後あります。しかし、1ヶ月以上の長期滞納者の割合も全国で3%ほどあります。100人に3人は長期滞納している訳ですから、自社の物件では滞納など生じないだろうという油断はできません。

スピードが求められる滞納管理の現場において、クラウド型賃貸管理システムは非常に有用なパートナーとなります。導入費用および月額も非常に安価なシステムですので、ぜひ検討されるのはいかがでしょうか。

ページの先頭へ