HOME » 不動産管理システムとは?~おもな機能を紹介~ » 賃貸物件管理

賃貸物件管理

このページでは、不動産管理システムの機能のうち「賃貸管理システム」について、くわしく解説をしていきます。おすすめのソフトもピックアップして紹介しているので、賃貸管理システムの導入を検討している人はぜひチェックしてください。

賃貸管理システムとは?

複雑で多岐にわたる不動産の賃貸管理業務をサポートするためのシステムです。不動産物件そのものの管理機能や、契約・更新・解約といった事務業務をサポートする機能。また工事関連の管理や支払・会計管理といった機能、さらにフロントの営業支援や、顧客からのクレーム管理機能などが搭載されているのが一般的です(各製品によって、搭載されている機能はそれぞれ異なります)。

不動産の賃貸管理に付随するさまざまな業務をサポートすることで、業務の効率化・内部統制の強化・経理の適正化を実現してくれるシステムといえるでしょう。

おすすめソフト3選

おすすめできる賃貸管理システムを3つピックアップしてみました。それぞれの特徴をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

J‐Rent【東計電算】

J‐Rent【東計電算】 

不動産業務に強いSEが問題に即対応!

自社サーバーを持っており、24時間有人管理してくれるので、問題に対して事前対処や早期解決が可能。さらに不動産業務の専門性が高いSEがいるため、痒い所にも手が届くサービスを提供してくれます。直感で操作しやすいインターフェース、不動産に限らず、システム開発・導入で実績があり。オーナーとの管理契約で詳細に科目情報の登録を行うことで、月次請求・支払いの仕訳処理が自動化されます。

賃貸革命【日本情報クリエイト】

日本情報クリエイト

賃貸管理に対応するトータルシステム

日々変化する賃貸管理形態に対応できるトータルシステム。物件管理・契約管理・家賃の請求・入金処理を一元管理し、情報処理のミスやロスを大幅に軽減します。ワンソース・マルチユースで、賃貸管理にかかるコストを削減可能。さまざまな業務形態に柔軟に対応できる機能も魅力です。さらに、1つのデータから200種類以上の帳票に連動できます。

いえらぶCLOUD【いえらぶGROUP】

いえらぶGROUP【いえらぶGROUP】 

クラウド上で間取り図やチラシの作成が可能

入居者、オーナー、入出金など入居後の管理まで一元化。選べる2つのプランがあり、どちらを選ぶかによって利用できる機能の種類が異なります(価格も異なる)。賃貸管理だけではなく、間取り図やチラシの作成といったことをクラウド上で行える点も魅力のひとつです。

ページの先頭へ