HOME » 不動産管理システムとは?~おもな機能を紹介~ » 不動産販売管理

不動産販売管理

ここでは、不動産管理システムの機能のうち「不動産販売管理システム」について、くわしく解説しています。おすすめのソフトもピックアップしてみました。

不動産販売管理システムとは…?

不動産の開発・販売を行う企業向けの管理システムです。

事業計画管理(事業収支計画登録・専有卸登録等)や中古管理(中古契約登録・中古契約稟議承認登録等)、仕入れ管理(仕入支払登録・支払稟議承認登録等)、物件管理(物件情報・販売稟議登録等)、顧客管理(顧客情報・反響データ出力等)、売上管理(契約書発行申込・決済予定物件検索等)といった機能があります(各製品によって、搭載されている機能はそれぞれ異なります)。

分譲マンション、戸建て住宅等のフロー(供給)ビジネスを心強くサポートしてくれます!

おすすめソフト3選

以下に、おすすめできる不動産販売管理システムを3つピックアップしてみました。それぞれ特徴を簡単にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

J-Ress【東計電算】

J-Ress【東計電算】のHP画像

不動産業務に強いSEが幅広く課題解決してくれる

事業計画からプロジェクトの予実管理・契約等の営業管理・支払い管理・入金管理など、不動産販売にかんする業務を網羅できるシステム「J-Ress」。不動産に限らずシステム開発・導入で実績がある東計電算のソフトです。顧客情報や物件情報、管理費積立金、投資系の想定賃料等をマンション会計システム「J‐One」や賃貸管理システム「J-Rent」と連携できるため、トータル的な業務を実現できます!また、自社サーバーを持っており24時間有人管理してくれるのも魅力。不動産業務の専門性が高いSEがいるため痒いところにも手が届きます。さらに直感で操作しやすいインターフェースも特徴です。

OBIC7販売情報システム【オービック】

OBIC7販売情報システム【オービック】のHP画像

マンション販売をトータルサポート

物件プロジェクト計画~契約販売、引渡しまでのタスクをトータル的にサポートしてくれるシステム。今求められるマンションデベロッパーのトータルマネジメントを支援する、マンション開発・販売企業向けのソフトです。土地購入、企画開発、契約・販売、引渡しまでのプロセスを俯瞰的に管理し、変動する物件収支を随時把握。スムーズなデータ連携で適切な経理処理を実現してくれます。

不動産販売のIT化【ネオス】

不動産販売のIT化【ネオス】のHP画像

最適なITシステムを提供できる

ネオスでは、住宅不動産販売業にかんするあらゆる悩み、不便に合わせた最適なIT化システムを提案。土地仕入管理システム、顧客管理システム、デベロッパー総合システム、HP制作更新業務などのシステムが用意されています。

システム導入の利点

不動産・顧客情報の一元化ですっきり管理

登録している不動産情報や顧客情報を別々のシステムで管理していては、システム間を行ったり来たりと効率がよくありません。

一元管理することで、無駄な手間が省かれスムーズな情報の引き出し、紐づけが行えるようになります。また、互換性のある会計システムや賃貸管理システムと連携することで、より効率的な業務が可能です。

事業計画シミュレーションができる

分譲マンション・戸建住宅のフロービジネスを網羅している為、事前に様々な事業計画シミュレーションが可能です。また、業務進行が把握できるように、各業務フェーズに申請・承認機能が設けられているシステムもあり、ミス発生の少ない、安全で確実な業務進行が可能になります。

選ぶポイント

現場に適したシステムか

導入を考えて多機能なシステムを採用しても、オペレーションが複雑になることがあります。導入したことにより、手間が増えるという結果になってしまうのです。そのためシステムを選ぶ際には、現場の運用フローに合うシステムなのかを押さえた上で選びましょう。

また、操作性の良さや画面上の見やすさなども重要なポイントとなります。

業務の拡大・縮小に合わせてカスタマイズできるか

自社独自の経営方法により、導入したシステムをカスタマイズすることがあります。そのコストを最低限に抑えるため、標準的に実装されている機能を把握し、業務の拡大や縮小、運用フローの変更に対応できるものかを確認しましょう。

導入したシステムに合わせて業務を変えるのは本末転倒ですが、割と陥りやすいパターンです。

導入事例

機能をシンプルにしたおかげで、顧客管理がスムーズに

元々、スクラッチ開発したシステムを使用していたのですが、分析を重視し、機能を盛り込み過ぎてしまい使い勝手の悪いシステムになっていました。日常的に使用している部署からも「機能が増え過ぎて使いづらくなった」と苦情が出る始末…。

そこで、次に導入するシステムは、余分な機能の無いシンプルなシステムを導入することになりました。

当社はマンションギャラリーに再来場していただくために、お客様にDMを送っているのですが、「奥様が資料請求、ご主人がマンションギャラリーに来場」ということがあります。この時、同世帯に2通のDMを送らないよう1組のお客様としているのですが、新しいシステムでは、その顧客管理をスムーズに行うことができておりとても助かっています。

また、現在でも導入したシステムにカスタマイズを行っているのですが、必要最低限なものを徐々に変更する方針に変えたこともあって運用は良好です。

ページの先頭へ