HOME » 不動産管理システム導入前のチェックポイント » 導入事例

導入事例

ここでは、不動産管理システムを実際に導入した企業の、導入事例を紹介したいと思います。

システムを導入したことによって課題がどのように解決されたのか、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【事例】情報共有化&会計システム連携で業務効率化!

【賃貸管理会社A社】

資本金:3,000万円

事業内容:不動産賃貸業、不動産売買、リフォーム

管理戸数:5,000戸

特徴:

・30年間、地域密着で賃貸管理を行う

・仲介店舗を持ち、客付けも行う

・原状回復工事~リフォーム工事まで対応できるように建設部門をもつ

導入した不動産管理ソフト:J‐Rent(株式会社東計電算)

課題1:既存システムでは請求書作成ぐらいしか利用できておらず、履歴管理できない。

⇒解決

オーナーとの管理契約履歴や賃借人との賃貸契約履歴、また請求入金履歴や応対履歴、工事履歴といったすべての履歴を管理でき、エクセルに出力可能となった。

さらに、入居率や空室率、物件ごとの収支といった各種情報をまとめて出力できるカスタマイズを行い、経営会議で使える資料を作成できるようになった。

課題2:事業部ごとに独自システムを導入しており、情報共有できていない。

⇒解決

工事担当者が利用する「工事管理機能」や、店舗で使える「営業支援オプション」など、管理会社の業務をトータル的にサポートしてくれる機能が揃っているため、わざわざシステムを分ける必要がない!

また、ボタン1つ1つにセキュリティをかけられるため、担当部署や担当者ごとに業務を棲み分けられる。

さらに「応対管理オプション」を採用すれば、いつ・誰から・どのような問い合わせがあり・どのように対応したのかという応対履歴を残すことができ、情報を共有できる。そのため契約者やオーナーへの応対スピードもアップ!

課題3:賃貸業務の仕訳情報を、会社会計システムへ直接手入力している。

⇒解決

月次請求・支払いの処理や、原状回復工事により発生する売上原価などの仕訳も、自動で連携される!それぞれの仕訳には、科目のほか、部屋・相手先・組織といった付加情報を保持しており、さまざまな角度での集計・分析が可能。

また、仕訳データを「財務会計システム」に日次で連携していくことができ、業務の効率化が実現!

さらに、J-Rentベース、財務会計システムベースそれぞれの仕訳帳・元帳・残高明細表などの帳票も出力可能。

★まとめ

「J-Rent」の導入によって、リアルタイムな情報共有が可能となり、業務効率化や生産性向上につながった!

ページの先頭へ