管理業務のパートナー 不動産管理システム導入ガイド » おすすめの不動産管理ソフト一覧 » スケルトンパッケージ(コンシスト)

スケルトンパッケージ(コンシスト)

ここでは、おすすめできる不動産管理ソフト「スケルトンパッケージ」について紹介しています。システムの主な特徴やサポート体制、機能一覧、運営会社情報を調べてまとめているので、ぜひチェックしてみてください。不動産管理ソフトの導入についてお困りの人にはきっと参考にしていただけると思います!

スケルトンパッケージ(コンシスト)の特徴

不動産管理スケルトンパッケージは、それぞれの基幹業務にきめ細かく対応できるセミオーダー型不動産統合業務パッケージ。基幹業務を細かくオーダーすることができるので、業務内容に合わせてシステムの構築が可能です。不動産管理スケルトンパッケージは、多くの不動産業務システムを構築し、蓄積された経験と実績を生かして、システムの基本構造を「スケルトン」部分として汎用化したシステム。きめ細かく、高度な不動産業務に対応してくれます。

システム内のすべてのデータを自由な形式で利用することができます。クライアントごと・オーナーごとに書式を最適化することができ、収益性の安定・向上に役立つレポートを提供できます。さらに、システム運用後の項目変更、レイアウト変更なども簡単にできるのが魅力。PDF、ワード、エクセルなどの出力形式から選択することが可能です。

スケルトンパッケージ(コンシスト)のサポート体制

業務に精通した専属のエンジニアがサポートしてくれるから安心です!システムの導入はもちろんのこと、導入した後の業務支援、アフターフォローにいたるまで、業務に精通したエンジニアが一貫してサポートしてくれます。決して運用開始がゴールなのではなく、ビジネスが成功することが本当のゴール。サポート窓口には、コンサルタントとエンジニアがいます。改善案の提案や、要望に基づいたフィッテイングやカスタマイズ開発も可能です。導入後には、電話やメールで問い合わせに対応することができ、さらにオンサイトでも対応可能です。

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

スケルトンパッケージ(コンシスト)の機能一覧

スケルトンパッケージでは、主に2つの機能に分かれています。それは、ベーシック機能とアドバンスソリューションです。

ベーシック機能

ベーシック機能では、賃貸管理業務を網羅しています。物件の管理をしたり、取引先を登録したりできます。物件を管理するには、建物や物件、また区画の3階層で登録できます。通常の不動産物件だけでなく、オフィスビルや倉庫を管理するのにも対応しているのが特徴です。また賃貸契約では、契約情報をシステムに登録しておけます。契約情報も、取引先に別に条件を管理できます。
入金や支払い管理など、金銭のやり取りが発生する業務もシステムで管理可能です。銀行と連携させることができるので、名寄せや消込業務が自動で行えます。他にも、ビルの運営費などもシステム上から支払業務が行えます。支払いデータが確定した後に、ファイルとして出力も可能です。また予算管理や工事管理という機能も搭載されています。

アドバンスソリューション

アドバンスソリューションでは、賃貸管理の高度な機能があります。不動産でも建物部分は、建設だけでなく、補修や解体などのサイクルが発生し、そのために修繕費用が必要になります。長期的な視線で修繕の計画をたてて、コスト管理をするのに役立つ機能が導入。建設部位別に発生する費用を管理することにも対応しています。
また数年先や数十年先の建物の収支情報をシミュレーションし、予測データを作成することも可能です。またファシリティマネジメント機能があり、設備台帳や建物の点検なども管理できます。

スケルトンパッケージの導入事例1

導入前の悩み

ビルの総合管理やシェアハウスの運営など、多岐にわたる不動産事業を手掛けているため、既存のシステムではどうしても対応の行き届かない業務があり、広い範囲の業務に対応できる不動産管理システムを構築したいと考えていました。情報が一元管理できておらず、業務が特定の人に頼って行われており、書類作成にミスが生じたり、効率化が測れないことが大きな課題でした。

導入後どうなったか

弊社の業務情報をエンジニアが分析してくれた情報を元に、業務に必要とされる機能を無駄なく選んでシステムを構築できるので、最小限の費用で済みました。また、既存のシステムからの移行も支障なく大変スムーズに行うことができ、非常に満足です。導入後は、業務効率が格段にアップしました。

スケルトンパッケージの導入事例2

導入前の悩み

取り扱う商業施設が増えていく中で、管理が複雑化し、業務効率化が測れないことが大きな課題となっていました。また、業務の成長を見据えてシステムをクラウド化していくことの必要性も感じており、ビルマネジメントシステムで一括管理をすることを検討し始めました。

導入後どうなったか

商業施設ごとに異なっていた管理システムを統一することで、業務手順が簡略化され、業務効率の効率化が一気に進みました。また、クラウド化したことでどの拠点にも簡単にアクセスしたり、情報共有したりできるようになり、情報照会にかかっていた時間も削減することに成功しました。

※ベーシック機能Ⅰ、Ⅱ、アドバンス機能の組み合わせによるカスタマイズが可能

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

スケルトンパッケージ(コンシスト)の会社情報

会社名 株式会社コンシスト(Consist Inc.)
住所 東京都千代田区内神田2‐15‐9内神田282ビル

不動産管理システム
買い替えのポイント

gnb-img

不動産管理システムをリプレイスする際の3つのポイントを解説!
おすすめのシステムも紹介しています。

「機能」と「使いやすさ」に優れる
おすすめの不動産管理システム

数ある不動産管理システムの中でも必要な機能を備え、
使いやすさを実現してくれるシステムを厳選。

ただし、使いやすさと言っても特徴が異なるものです。
ここではおすすめ3システムの特徴を紹介していきます。

賃貸管理システムの代名詞!
他システムも統一して
使いやすさを実現できる

賃貸革命

賃貸革命キャプチャ
引用元:日本情報クリエイト公式HP
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:30~12:00/13:00~18:00

自社の「使いやすさ」を実現
独自の”カスタマイズ力”で
業務の悩みを解決

マルチユース V3

マルチユースV3キャプチャ
引用元:武蔵公式HP
https://www.0634.co.jp/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00