管理業務のパートナー 不動産管理システム導入ガイド » おすすめの不動産管理ソフト一覧 » Usolia(内田洋行ITソリューションズ)

Usolia(内田洋行ITソリューションズ)

ここでは、不動産管理ソフト「Usoliaマンション管理業システム」についてくわしく紹介しています。システムやサポートにかんする主な特徴、機能一覧、サポート体制、運営会社情報などを調べているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Usolia(内田洋行ITソリューションズ)の特徴

「Usoliaマンション管理業システム(MANSION21)」は、マンション管理会社からの要望によって鍛えられ、組合会計・フロント業務を中心として、長期修繕計画を統合し、業界待望の物件別収支管理・担当者別収支管理までを網羅したマンション管理会社向けのトータルシステム(総合パッケージ)です。マンション管理適正化法対応で高いシェア率を誇る、定番のソフトウェアといえます!

組合会計・フロント業務を柱として、長期修繕計画やフロントmobileなど、豊富な導入実績に裏打ちされた多彩なオプションが用意されています。統計分析とマスタを一元化し、各モジュールとの連動を実現した拡張システム。管理会社の従来システムに極力近いかたちで、スムーズな導入を提案してもらえます。

基本システム・拡張システムともに、メニュー制限・機能制限・アクセスログ採取のそれぞれの方面からセキュリティが強化された作りが特徴。個人情報の保護に細心の注意を払う管理会社の要求にしっかり応えてくれます。また、パソコン1台という最小構成から、数百台までのLAN(拠点内接続)/WAN(多拠点接続)対応まで、フレキシブルに構成を組んで導入することができます。

Usolia(内田洋行ITソリューションズ)のサポート体制

サポート体制も充実しています。まずはフリーコールでどのようなトラブルが発生しているのか伺います。その後、エリアや製品別に担当者が連絡し、必要なサポートを提供します。システムに関する質問や問題が発生した場合でも、担当者によって対応してもらえるので、安心してシステムを導入することが可能です。経験豊富な担当者が稼働させているので、緊急時の対応もばっちりです。

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

Usoliaの導入事例1

導入前の悩み

名古屋市にあるマンション管理業を担っている会社の導入事例です。導入するにあたって、増え続けている事務処理の量や処理にかかる時間が負担でした。また同時に管理レベルのアップ実現もしたいと考えていたようです。勿論、改正された適正化法や個人情報保護法などの法律に準拠しているのも必要でした。

導入後どうなったか

導入することで専門的な知識がなくても、通常の業務を運営するだけで請求入金から支払、収支のトータルで管理を行うことが可能になりました。また適正化法の改正にも対応の管理を実現し、今後法律が改正した際にも柔軟に対応することができコンプライアンス面でも充実したシステムになっているようです。

Usoliaの導入事例2

導入前の悩み

埼玉県川越市にある不動産管理業を行っている会社の導入事例です。導入以前は、来季の予算の作成をはじめ、取引している銀行への資金計画の説明書、不動産鑑定時の資産価値の基礎データなど、必要なタイミングに応じて各々を個別に作成している状態でした。そのため余計に時間がかかってしまうことが悩みだったとのこと。

導入後どうなったか

まず来年度の予算計画の基礎的な資料が簡単に作成することができ、活用できるようになりました。さらに取引している銀行への資金計画の説明資料や不動産鑑定時に必要な資産価値基礎資料が簡易的に作成でき、また修繕項目ごとに業者別の修繕履歴も可視化できるようになり、業務にかかっている時間が短縮できたそうです。

Usolia(内田洋行ITソリューションズ)の機能一覧

Usoliaマンション管理業システムは、マンションの管理に特化したシステムです。どのような機能があるのか項目別に解説しましょう。

組合会計

マンション管理会社の業務をサポートするだけでなく、管理組合からの要望にも合わせて変化してきた管理業界。1985年以来多くのユーザーに支えられてきたシステムとして、複雑化する法的規制にも対応してきました。未収改善対策だったり、月次報告書なども簡単に作成したりする機能があります。マンションの駐車場の区画管理の機能もあります。

フロント業務

日常的に管理組合や居住者と接することが多いフロント担当者は、担当する業務が多岐に渡ります。日常の業務からクレーム処理などです。フロント支援システムは、管理委託契約の仕様や設備点検項目や点検サイクルなど、幅広い業務をサポートします。フロント担当者のスケジュールや管理規約、クレームなども共有できるので、誰でも最新の情報を手にすることが可能です。

長期修繕計画

老朽マンションが抱える問題の1つが、長期修繕資金の計画です。修繕が必要になってから資金を調達するのではなく、前もって修繕費用を積み立てておく必要があります。そこで、組合会計では、資金計画表を作成し、修繕計画の概要や物件概要を作成します。また長期修繕のために、年度別に収支を把握することも可能です。マンション管理会社として統一的な提案ができるようになり、フロント担当者の手間が削減される機能が多数含まれています。

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

Usolia(内田洋行ITソリューションズ)の会社情報

会社名 株式会社内田洋行ITソリューションズ
住所 東京都港区新橋6‐1‐11Daiwa御成門ビル

不動産管理システム
買い替えのポイント

gnb-img

不動産管理システムをリプレイスする際の3つのポイントを解説!
おすすめのシステムも紹介しています。

「機能」と「使いやすさ」に優れる
おすすめの不動産管理システム

数ある不動産管理システムの中でも必要な機能を備え、
使いやすさを実現してくれるシステムを厳選。

ただし、使いやすさと言っても特徴が異なるものです。
ここではおすすめ3システムの特徴を紹介していきます。

賃貸管理システムの代名詞!
他システムも統一して
使いやすさを実現できる

賃貸革命

賃貸革命キャプチャ
引用元:日本情報クリエイト公式HP
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:30~12:00/13:00~18:00

自社の「使いやすさ」を実現
独自の”カスタマイズ力”で
業務の悩みを解決

マルチユース V3

マルチユースV3キャプチャ
引用元:武蔵公式HP
https://www.0634.co.jp/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00