管理業務のパートナー 不動産管理システム導入ガイド » 不動産管理システム導入前のチェックポイント » 不動産管理システムのコスト

不動産管理システムのコスト

ここでは、不動産管理ソフトの価格についてリサーチ。初期費用とランニングコストの相場を紹介します!

不動産管理ソフトの価格相場は?

不動産管理ソフトの導入を考えたとき、まず気になるのが価格だと思います。以下に、初期費用の相場やランニングコストについて解説しています。

不動産管理システムのソフト価格は数万円から数十万円までかなりの幅があります。極端なものでは無料のフリーソフトもあるくらいです。フリーソフトが論外なことは当然です。なぜならデータ量が多くなると対応できない、いつサービスが停止されるか分からないなど、さまざまな点から結局有料ソフトを導入せざるを得ないからです。

では有料ソフトの適正価格はなにが基準なのでしょうか。機能を絞り込んだ簡易的なものだと数万円からありますが、一般的に必要な最低限の機能が搭載されたソフトの導入費用は数十万円はするのが相場です。

不動産管理ソフトの初期費用は…?

不動産管理ソフトの導入費用は、製品やプランによってさまざま。ホームページなどで調べても、悩んでしまう人が多いと思います。では、なぜここまで費用が違ってくるのでしょうか…?

それは、製品によって利用できる機能が異なる上、実装するケースによって費用帯が全く変わってくるからです。

たとえば、物件の登録機能がメインになっているソフト、入出金の管理に特化しているソフト、あるいはプロパティマネジメントに必要な機能をメインにしたソフト…など。

製品によって、利用できる機能の種類も違えば、搭載している機能の数も違います。費用に大きな差が出るのも当然ですね。

また、単体では通常業務に対応できず、他機能と連携して使うものも多くあります。

では肝心の相場ですが、一般的な賃貸管理業務を行うのに必要な機能ほぼすべてに対応できるものを導入する場合、オプション機能もプラスして、およそ50万円前後の導入費用がかかると考えておきましょう。

もちろん、これはあくまで参考にあげた数字なので、導入前にはしっかりと確認しておきましょうね!

ランニングコストも必要になるの…?

不動産管理ソフトを導入した場合、自社業務のニーズに合わせたり法改正に対応したりするために、継続的なサポート体制が必要不可欠です。

一時的にかかる価格よりも、むしろ毎月のサポート費用のほうが気になる…という人も多いでしょう。

この費用についてはソフトの運営会社や購入製品、またプランなどによってさまざまなため、相場として数字を出すのは難しいですが、ホームページでチェックするか、問い合わせれば必ず教えてくれるのでぜひしっかり確認しておきましょう!

導入費用が安くても、サポート費用がかなり高額…というケースもあり得るので、この部分のチェックは欠かせません!

不動産管理ソフトの初期費用が適正なソフトとは

管理ソフトは初期買取型とクラウド型に分けられますが、クラウド型は初期費用も安くすむ傾向にあります。ではどちらが良いのでしょうか。

管理ソフトも業務形態の変化によって乗り換えが必要な時期がきます。その理由はソフトのカスタマイズができないからですが、クラウド型はカスタマイズが難しく、初期費用が安くても長く使えないかもしれません。

製品によって利用できる機能がさまざまで、多機能だから良いとか、価格が高いから良いという単純なものではありません。

単体で機能が足りなければ、通常業務に対応できず、他機能ソフトと連携して使わなければならない結果となるかもしれません。

したがって、管理ソフトの初期費用は価格で選ぶのではなく、自社に必要な機能が搭載されているかどうかで判断すべきです。

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

コストよりもサービス内容を重視して!

不動産管理ソフトを選ぶ際、価格面ばかりを重視してしまうのはあまりおすすめできません。

いくら価格が安く済んだとしても、たとえばSEの専門性が低かったり、あるいはサポート管理が不十分だったりしては、効果が上がらないばかりか、データが間違って消去されてしまった…なんてリスクも負いかねません。

初期段階でその管理ソフトには自社に必要な機能が将来的なものも含めて備わっているかどうかも、ポイントとなります。場合によってはフルスクラッチ開発ができるくらいの対応をしてくれるサービス会社を最初から利用したほうが、心理的にも安心でき、結果としてコストも安くあがるのです。

コストばかりでなく、製品の機能やサポート面など、サービス内容に注目してみてください。

サービス内容と価格面を照らし合わせ、コストパフォーマンスの良い不動産管理ソフトを選択してくださいね!

関連のページ

不動産管理システム
買い替えのポイント

gnb-img

不動産管理システムをリプレイスする際の3つのポイントを解説!
おすすめのシステムも紹介しています。

「機能」と「使いやすさ」に優れる
おすすめの不動産管理システム

数ある不動産管理システムの中でも必要な機能を備え、
使いやすさを実現してくれるシステムを厳選。

ただし、使いやすさと言っても特徴が異なるものです。
ここではおすすめ3システムの特徴を紹介していきます。

賃貸管理システムの代名詞!
他システムも統一して
使いやすさを実現できる

賃貸革命

賃貸革命キャプチャ
引用元:日本情報クリエイト公式HP
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:30~12:00/13:00~18:00

自社の「使いやすさ」を実現
独自の”カスタマイズ力”で
業務の悩みを解決

マルチユース V3

マルチユースV3キャプチャ
引用元:武蔵公式HP
https://www.0634.co.jp/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00