管理業務のパートナー 不動産管理システム導入ガイド » 不動産管理システム導入前のチェックポイント » 初期買取(オンプレミス)とクラウドならどっち?不動産管理システムを賢く選ぶには

初期買取(オンプレミス)とクラウドならどっち?不動産管理システムを賢く選ぶには

不動産管理システムにおいて、初期買取(オンプレミス)とクラウドのどちらがよいかは条件によって変わります。

ただ、新しく不動産管理業務を始める予定がある、これまで手作業やフリーソフトで代用していた管理業務を本格的なシステムでの管理に移行したい、と思ったら、不動産管理システムの導入は必須です。

今回は、少しわかりづらい不動産管理システムの初期買取とクラウドそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

初期買取とクラウドは
システム管理の違い

不動産管理システムにおける初期買取とクラウドの違いは、システムを「自社で管理する」か「他社が管理するものを使う」かです。

初期買取のメリット

初期買取は、自社内にサーバーを用意しシステムを構築することで不動産管理を行います。初期買取のメリットとしては以下の点が挙げられます。

初期買取のデメリット

初期買取もメリットばかりではありません。デメリットには以下のような点があります。

初期買取(オンプレミス)の魅力は独自な武器の入手

初期買取の一番のメリットは自社業務に合わせてシステムのカスタマイズが可能であること。また自社内にサーバーを用意してシステムを構築する関係上、セキュリティの高さを保つことができます。

逆にデメリットとしては初期費用の高さ、システムの導入と構築にかなりの時間と労力が必要になることです。

その費用と労力を要しても自社に合ったシステムを構築することができれば、それ以上のリターンは期待できるでしょう。

クラウドのメリット

クラウドとは、サーバーもシステムもデータもすべて他社に置いてあり、そこにアクセスして不動産管理を行うタイプのシステムです。メリットとして以下の点が挙げられます。

クラウドのデメリット

もちろんクラウドにもデメリットはあります。以下の点には注意が必要です。

クラウドシステムの魅力は導入のしやすさと簡便性

クラウドシステムを利用することの最大のメリットは初期費用の安さと導入の簡便性です。用意されたシステムを利用しますから、ネット環境さえあればどこでも利用できます。

一時期はセキュリティの脆弱性が問題となっていましたが、現在はクラウドサービスはかなり改良が進み、下手な自社サーバーよりも高いセキュリティを持っているものもあります。

欠点としてはカスタマイズ性が低いところですが、運営している会社によっては自社の環境に合わせてほぼフルスクラッチで改修をしてくれるところもあるので、会社選びが非常に重要となります。

導入・買い替えにオススメ
不動産管理システムを紹介

自社の環境に合わせることを妥協しない

結局どちらが良いのかという事ですが、自社の業務内容をよく考え、将来性も合わせて簡易的なもので十分と思えるなら、クラウドシステムで自社に最も合うものを探すのが良いかもしれません。

しかし、気をつけなくてはならないのは、将来的に会社が成長して業務内容が変化したとき、臨機応変にカスタマイズできるシステムかということ。また一からシステムを構築することは大変な労力を要しますから、初期段階で十分検討したうえで、システムを導入する必要があるでしょう。

関連のページ

不動産管理システム
買い替えのポイント

gnb-img

不動産管理システムをリプレイスする際の3つのポイントを解説!
おすすめのシステムも紹介しています。

「機能」と「使いやすさ」に優れる
おすすめの不動産管理システム

数ある不動産管理システムの中でも必要な機能を備え、
使いやすさを実現してくれるシステムを厳選。

ただし、使いやすさと言っても特徴が異なるものです。
ここではおすすめ3システムの特徴を紹介していきます。

賃貸管理システムの代名詞!
他システムも統一して
使いやすさを実現できる

賃貸革命

賃貸革命キャプチャ
引用元:日本情報クリエイト公式HP
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:30~12:00/13:00~18:00

自社の「使いやすさ」を実現
独自の”カスタマイズ力”で
業務の悩みを解決

マルチユース V3

マルチユースV3キャプチャ
引用元:武蔵公式HP
https://www.0634.co.jp/

公式HPは
こちら

公式HPで
導入事例をみる

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00